不倫で離婚。慰謝料や親権を確実に勝ち取る方法とは?

MENU

不倫で離婚…泣き寝入りは絶対にダメ!!

 

本気で離婚をお考えですか?


→浮気の慰謝料を確実に勝ち取る方法

不倫で離婚。慰謝料や親権を確実に勝ち取る方法とは?

『もしかして私の夫が不倫している?』そんな疑いを持ったことはありませんか。
帰宅時間が遅くなったり、休日も泊りがけで出かけてしまう日が続くなら、もしかしたらあなたの夫は不倫をしているかもしれません。

 

でも、もしかしたら本当に付き合いで忙しいだけかもしれませんから、なかなか面と向かって問い詰めることはできませんよね。
まずは、夫が『家に帰りたい』『あなたを大切にしたい』と思うように努力してみることが大切です。
それでも夫の態度が変わらないようであれば、本格的に調べてみる必要があるかもしれません。

 

 

夫婦関係を改善するBつの方法

 

@リビングを綺麗にする…リビングに子供のおもちゃが散乱していませんか?夫が仕事で疲れて帰宅したときに、リビングが綺麗だと居心地の良さを感じることができます。
模様替えをしたり、家族の写真を飾ったりするのもおススメです。

 

A夫婦の時間を作るようにする…育児はとても疲れます。子供を寝かしつけたあと、子供と一緒に寝てしまう方はとても多いです。でも一週間に一度くらいは、子供を寝かしつけたあと夫婦でワインなどを飲みながらゆっくり話す時間を作ってみてはいかがでしょうか。きっと楽しい時間になるはずです。

 

B夫の好きな料理を作る…子供中心の食生活になっていませんか?毎日の育児と家事の両立はとても大変なので、お惣菜などですませてしまう家庭も多いです。
毎日でなくてもいいので、お酒のつまみやお刺身など、夫の好物を食卓に並べて感謝の気持ちを伝えてみてください。

 

これらのことを数か月続けても、相変わらず夫婦のスキンシップが増えない場合は、夫が不倫している可能性があります。本格的な調査をしてみてもよいかもしれません。
(不倫以外に体調が悪い・精神面に問題を抱えている可能性もありますので注意してください。)

 

夫が不倫していた場合の慰謝料の相場

 

本格的に調査した結果、『夫が不倫していた』とわかった場合、不倫相手に慰謝料を請求することができます。
相手の収入や不倫期間にもよりますが、数十万円から数百万円が慰謝料の相場です。
不倫が原因で離婚や別居となった場合には、100万円以上の相場です。

 

ただし、不倫相手の女性が『相手が既婚者だと知らなかったという明確な証拠を提出した場合』『相手女性が未成年だった場合』などは、慰謝料の請求ができなかったり罪に問われる可能性もあります。
また、夫の不倫相手が既婚女性だった場合には、相手女性の夫側に慰謝料を支払う可能性もあります。

 

慰謝料を勝ち取るには不倫の証拠が必要となります。とは言っても、LINEのやり取りなど簡単に収集できるものに証拠としての価値はありません。

 

確実に慰謝料を勝ち取るためには、法的に認められる不倫の証拠が必要になるのです。実際にキスしている写真や、ラブホテルへ入っていく写真などが証拠として有効です。

 

ですが、不倫の決定的な証拠を手に入れるのは容易なことではありません。そんな時に頼れるのが、探偵の浮気調査です。

 

電話やメールで24時間相談できる探偵社もあるので、浮気調査のプロの意見も参考にしてみてはどうでしょうか?

本気で慰謝料を勝ち取るための強い味方

 

慰謝料を勝ち取るには、浮気の決定的な証拠が必要です。(一緒にラブホテルに入る写真など)

LINEやメールでは法的に有効な証拠とはなりませんので、浮気調査のプロにお願いしてみてはどうでしょうか?

まずは無料の浮気調査シミュレーターに挑戦してみましょう。

HAL探偵社 街角探偵相談所



調査成功率99.8%、お客様満足度98.6%
3つに質問に答えるだけの浮気診断シミュレーターは、試してみる価値ありです。

リンク




浮気調査なんて初めてだから、どうしていいかわからない…

そんなあなたは、街角探偵相談所を利用してみてはどうでしょうか?

厳選審査をクリアした探偵社中から、あなたに最適なところを紹介してくれますよ。

もちろん利用は無料です。

リンク